よくあるご質問

よくあるご質問

心の子育てとは?(子どもの見方6つのポイント)

子育てでいちばん大切なことは、心の子育てです。
子どもの心を育てるには、しっかり抱きしめてあげましょう。しっかり抱きしめてあげると、母と子の心が通じ合うようになります。皮膚が心の座・愛情の座なのです。そして、子どもの正しい見方を知ってください。
子どもの見方6つのポイントは、
① 子どもの短所をみない、長所を見てほめる
② 今の姿をでき上がった姿とみない。成長の途中の過程と見る。
③ 完全主義で育てない。少しでもできたら感動し、ほめてあげる。
④ 比較しない。
⑤ 学力中心で育てない。
⑥ そのままの姿を100点と見る。

親が子どもを信じ、認め、子どもと一体感を得るようになると、子どもの心が開かれ、本来持っている素晴らしい能力を発揮するようになるのです。

右脳を育てるとどんな良さがあるのですか?

右脳には、普段使う機会を失っている、素晴らしい能力がたくさんあります。
右脳を育てると、瞬時に目の前のものを憶えたり、量を一目でとらえて多くの数を言い当てたり、複雑な計算を計算機より速くやってのけたり、語学習得能力が優れたり、絶対音感の能力がついたりと、いいことがたくさんあるのです。さらに、右脳教育で育っている子どもたちは心豊かで思いやりがあり、創造性豊かで、能力が高く、バランスが取れているのが特徴です。幼児期から右脳に刺激を与え、良い環境づくりをすることが、吸収力・適応力の高い脳を育てることにつながっていきます。

3歳を過ぎてしまっていますが、始めるには遅すぎないでしょうか?

3歳を過ぎてしまっても遅すぎるということはありません。
大人になっても訓練しだいで右脳を開くことはできます。ただ6歳を過ぎますと左脳が優位に働いてきますので、右脳を使いにくくなってくるのは現状です。言い換えれば年齢が低いほど効果が出やすいのです。ですから最も「適期」であるといわれる幼児期にすばらしい環境を用意してあげることで右脳を上手に使う事ができ人間性が豊かで、感性に富み、心優しい子どもたちに育っていくことでしょう。

幼児コースはどんなレッスンですか?

週1回 50分 1クラス最大6名で年間43回レッスンを行います
クラスは月齢や発達段階、お母さまのご都合を考慮し、編成します。前半はイメージトレーニング、ESP、瞬間記憶、フラッシュカードなど右脳の取組み。後半はちえ、もじ、かずなど左脳の取組みが中心となります。子どもたちが楽しく集中して、取り組めるリズムとテンポのあるレッスンです。

「幼児コース」の基本的なレッスンの流れ

レッスン中、子どもがじっとしていられるか心配です。

今までと違う環境ですから、最初はお子様も戸惑うかもしれません。初めから「50分じっとしてなければダメ」と考えず、じっとしてなくても教室に居られたこと、少しでも取組めたことを誉めてあげることが大切です。そして、毎週欠席しないように通っていただければ大丈夫です。子どもは環境に適応する能力が高いので、2か月も経たないうちに必ず授業に集中できるようになってきます。

フラッシュカードって何のためにするの?

「カード」というと、単に言葉を覚えさせるための道具と考えている方が多いと思いますが、当教室はフラッシュカードと言って高速に大量に見せています。1枚1秒、またはそれより速いスピードでパッパッと見せていくことで右脳を活性化し、同時に語彙も獲得していきます。フラッシュカードの意義としては
1、 右脳の活性化
2、 映像と言葉を結びつける(左右の脳を連動させる回路を開く)
3、 言葉を育てる
4、 右脳記憶(一目見たものをイメージで思い浮かべて再現する力)を育てる
など、いろいろな能力を発揮し始めます。

入室できる時期は決まっていますか?

入室は毎月受け付けています。少しでも早くレッスンを始められるようにサポートします。

クラスの時間割を教えてください。

HappyBabyコース、幼児コースは午前中が中心、プレスクールや幼稚園生のクラスはおおよそ14時以降、小学生コースはおおよそ15時以降になります。土曜日は別の時間帯の構成となっています。クラスは基本的に学年別になっていますが、空席状況や詳しいレッスンの時間帯などは各教室にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る